シアリス ジェネリックのタダシップでED克服

勃起不全は泌尿器科

勃起不全は泌尿器科

勃起不全は泌尿器科

一昔前では勃起不全にかかわることを話すことだけでもタブー的な時代でした。しかし、バイアグラの登場からその分かは破壊されました。多くの勃起不全で悩んでいた人々が声を上げだしたのです。

 

そのために多くの患者さんが泌尿器科へバイアグラを求めて、さらには自分の勃起不全が治るかもしれないという期待を込めて集まりました。そこから泌尿器科の隆盛が始まり、インポテンツに医療化が劇的に進んだのです。

 

新しい治療法の紹介とその利用の増加にみられる技術革新と同時に起こった。80年代に最も利用されていた勃起不全の治療法は、泌尿器科医が実施する人口ペニスの移植手術でした。インポテンツの問題は技術的問題に対する手っ取り早い科学技術的解決策によって、臨床試験位カラシッという位、泌尿器科医の手に実験が渡ったのです。しかしこの現象が勃起不全の原因の一つである心因性の要素を見えなくしたのです。

 

インポテンツの潜在的な原因は加齢、心血管系危険因子、うつ病、脊髄損傷、処方薬の副作用とされていましたが、心因性のものはあまり重要視されていなかったのです。しかしストレス性からくる、文化的あるいは社会的要因が過小評価されてしまいました。

 

今ではインポテンツの治療と解釈をめぐる明白な勝者は泌尿器科医となっており、倍グラの登場で以前は重宝されていた様々な勃起治療法が終息の一途をたどったのです。



ホーム RSS購読 サイトマップ